相続 範囲

  1. 弁護士 中弘剛 >
  2. 相続 範囲
相続 範囲に関する基礎知識記事や事例
  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議に参加できるのは原則相続人ですが、相続分の譲渡を受けた者や包括遺贈(贈与される財産が特定されていない遺贈)を受けた者も参加することができます。相続人の範囲は、①配偶者や②子供などの直...

  • 法定相続人法定相続人

    「相続人」には、「実際に遺産を相続する人のこと」と「遺産を相続する権利のある人のこと」という2つの意味合いがあります。後者を特に法定相続人といい、権利があるだけで実際に相続するかどうかはわからな...

  • 相続限定承認相続限定承認

    限定承認とは「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をする」(民法922条)旨の意思表示をいいます。 単純承認した場合には、「無限に...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、一定範囲の相続人のために留保された相続財産の一定の割合を言います。 被相続人の遺言による財産処分の自由は、遺留分を侵害しない範囲に制限されます。 ■遺留分の目的 父、母、長男、次男...

  • 知らないと損する!?相続法改正のポイント知らないと損する!?相続法改正のポイント

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言方式の一つです。自分で遺言書を手書きして作成する遺言の一つです。相続法改正前まではすべて自分で手書きする必要がありました。しかし、今回の相続法改...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする単独行為をいいます。 ■遺言と遺言書 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同じように、遺...

弁護士 中弘剛が提供する基礎知識

  • 彼氏や夫からのDVに悩まれている方

    彼氏や夫か...

    DVには、物理的な暴力のほかにも、精神的な暴力(ネグレクト、暴言な...

  • 相続関係説明図とは

    相続関係説...

    相続関係説明図とは、相続にあたって、被相続人(亡くなった人)と相続...

  •  事実婚(内縁関係)で浮気をされた場合

    事実婚(内...

    婚姻が成立するには、実質的要件としての①婚姻意思の合致②婚姻障害が...

  • 債務整理を弁護士に依頼するメリット

    債務整理を...

    FXや株式投資、カードローンやギャンブルなどによる借金は、法的手段...

  • 京都で債務整理のご相談は当事務所にお任せください

    京都で債務...

    雪だるま式に利息が増えることにより、借金の返済は段々と難しくなって...

  • 金銭トラブル

    金銭トラブル

    ここでは、男女間の金銭トラブルについて詳しくご説明していきます。 ...

  • 過払い金請求とは

    過払い金請求とは

    過払い金とは、借金の返済において過分に支払っている利息のことです。...

  • 内縁関係のトラブル

    内縁関係の...

    ここでは、内縁関係のトラブルについて詳しくご説明していきます。 ...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、被相続人の子が、相続の開始以前に死亡等により相続権を...

弁護士 中弘剛の主な対応地域

大阪府大阪市北区|兵庫県|京都府

ページトップへ