相続 範囲

  1. 弁護士 中弘剛 >
  2. 相続 範囲
相続 範囲に関する基礎知識記事や事例
  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議に参加できるのは原則相続人ですが、相続分の譲渡を受けた者や包括遺贈(贈与される財産が特定されていない遺贈)を受けた者も参加することができます。相続人の範囲は、①配偶者や②子供などの直...

  • 相続人の順位と法定相続分についてわかりやすく解説相続人の順位と法定相続分についてわかりやすく解説

    ■法定相続人とは 法定相続人とは、亡くなられた方の相続される財産を包括承継することのできる法的な資格を持つ人のことをいいます。 亡くなられた方の意思によって相続人を創造することができないため、法...

  • 相続限定承認相続限定承認

    限定承認とは「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をする」(民法922条)旨の意思表示をいいます。 単純承認した場合には、「無限に...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする単独行為をいいます。 ■遺言と遺言書 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同じように、遺...

  • 知らないと損する!?相続法改正のポイント知らないと損する!?相続法改正のポイント

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言方式の一つです。自分で遺言書を手書きして作成する遺言の一つです。相続法改正前まではすべて自分で手書きする必要がありました。しかし、今回の相続法改...

  • 法定相続人法定相続人

    「相続人」には、「実際に遺産を相続する人のこと」と「遺産を相続する権利のある人のこと」という2つの意味合いがあります。後者を特に法定相続人といい、権利があるだけで実際に相続するかどうかはわからな...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、一定範囲の相続人のために留保された相続財産の一定の割合を言います。 被相続人の遺言による財産処分の自由は、遺留分を侵害しない範囲に制限されます。 ■遺留分の目的 父、母、長男、次男...

弁護士 中弘剛が提供する基礎知識

  • 効力を発揮する遺言書の書き方

    効力を発揮...

    ■遺言書の種類 遺言書には主に以下の3つの種類が存在します。 ...

  • 遺産相続

    遺産相続

    相続では、被相続人の財産上の権利・義務を包括的に引き継ぎます。「包...

  • 遺産相続の期限

    遺産相続の期限

    相続には様々な期限が設けられています。日々の生活の中で、これら期限...

  • 相続限定承認

    相続限定承認

    限定承認とは「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務...

  • 任意回収

    任意回収

    債権回収には任意回収と強制回収という2つの手段が存在しています。 ...

  • 不動産売買取引に関する諸問題

    不動産売買...

    不動産を購入したり売却したりすることは、これを事業とする者でない限...

  • 不動産トラブルを弁護士に依頼するメリット

    不動産トラ...

    不動産トラブルは、たとえ不動産を所有していない場合であっても生じえ...

  • 内縁関係のトラブル

    内縁関係の...

    ここでは、内縁関係のトラブルについて詳しくご説明していきます。 ...

  • 金銭トラブル

    金銭トラブル

    ここでは、男女間の金銭トラブルについて詳しくご説明していきます。 ...

弁護士 中弘剛の主な対応地域

大阪府大阪市北区|兵庫県|京都府

ページトップへ