京都府 相続・遺言

  1. 弁護士 中弘剛 >
  2. 京都府 相続・遺言
京都府 相続・遺言に関する基礎知識記事や事例
  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、相続人の相続による権利義務の承継を生じさせない旨の意思表示をいいます。 ■相続放棄の手続き 相続放棄には期限(熟慮期間)があります。 被相続人の死亡を知ったときから3ヶ月以内に...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議に参加できるのは原則相続人ですが、相続分の譲渡を受けた者や包括遺贈(贈与される財産が特定されていない遺贈)を受けた者も参加することができます。相続人の範囲は、①配偶者や②子供などの直...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人全員の共有財産となったものを各相続人との話し合いによって具体的に分配していくことを言い、遺産分割についての話し合いを遺産分割協議...

  • 知らないと損する!?相続法改正のポイント知らないと損する!?相続法改正のポイント

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言方式の一つです。自分で遺言書を手書きして作成する遺言の一つです。相続法改正前まではすべて自分で手書きする必要がありました。しかし、今回の相続法改...

  • 配偶者居住権とは何か?配偶者居住権とは何か?

    今回の大規模な相続法改正で、配偶者居住権が創設されました。 相続の際、個人の遺産はすべて一度金額として評価した後にそれを法定相続分にしたがって機械的に分割することとなります。一般に、被相続人の配...

  • 成年後見成年後見

    成年後見制度は、従来の禁治産制度の相当するものです。精神上の障害の程度が判断能力の喪失・欠如に至っている上にあるものを対象とします。 成年後見人は、成年後見人の財産を管理します。また、成年被後...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする単独行為をいいます。 ■遺言と遺言書 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同じように、遺...

  • 相続限定承認相続限定承認

    限定承認とは「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をする」(民法922条)旨の意思表示をいいます。 単純承認した場合には、「無限に...

  • 遺産相続遺産相続

    相続では、被相続人の財産上の権利・義務を包括的に引き継ぎます。「包括的」とは、「一切合切まとめて」という意味ですから、現金や預貯金、株式、不動産、貴金属、自動車といった目に見えるものだけでなく、...

  • 遺産相続の期限遺産相続の期限

    相続には様々な期限が設けられています。日々の生活の中で、これら期限を守りながら相続手続きを行うのはなかなか大変なことです。常に時間を意識して行動するよう心がけましょう。 ここでは、主な相続手続...

弁護士 中弘剛が提供する基礎知識

  • 配偶者居住権とは何か?

    配偶者居住...

    今回の大規模な相続法改正で、配偶者居住権が創設されました。 相続の...

  • 不動産売買取引に関する諸問題

    不動産売買...

    不動産を購入したり売却したりすることは、これを事業とする者でない限...

  • 不動産賃貸借の諸問題

    不動産賃貸...

    賃貸借は、賃貸人が賃借人に物を使用させ、賃借人が対価として賃料を支...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度は、従来の禁治産制度の相当するものです。精神上の障害の...

  • 婚約破棄

    婚約破棄

    ここは、婚約破棄について詳しくご説明していきます。 ■そもそも婚...

  • 相続手続きの全体の流れ

    相続手続き...

    家族が亡くなると、通夜、葬儀、告別式と慌ただしく時間が過ぎていきま...

  • 生前贈与のメリット

    生前贈与の...

    生前贈与には様々なメリットがありますが、最も注目されているメリット...

  • 個人再生したら車は処分しないといけないか

    個人再生し...

    ■個人再生とは 個人再生とは、民事再生法に則って裁判所に返済不能を...

  • 相続関係説明図とは

    相続関係説...

    相続関係説明図とは、相続にあたって、被相続人(亡くなった人)と相続...

弁護士 中弘剛の主な対応地域

大阪府大阪市北区|兵庫県|京都府

ページトップへ