相続・遺言に関する記事一覧

弁護士 中弘剛(大阪市/大阪府、兵庫県、京都府)|相続・遺言

  1. 弁護士 中弘剛 >
  2. 相続・遺言に関する記事一覧
相続・遺言

「相続」とは、故人が所有していた財産を、法律で定める一定の親族が引き継ぐことを言います。
この時の故人を「被相続人」、相続により財産を引き継ぐ人を「相続人」と言います。また、被相続人から相続人に引き継がれる財産を「相続財産」または「遺産」と言います。

財産は、被相続人が亡くなると相続人に相続されます(相続の開始)。例えば、亡くなった父親名義の家や預金、また身の回りの家具や洋服などすべて、父親の死亡と同時に相続人のものとなります(なお、相続財産には家や預金などのプラスの財産だけでなく、借金やローンなどのマイナスの財産も対象となります)。

とはいえ、これはあくまで法律上の話であり、相続開始時において不動産や預金は故人の名義のままなので、実際に財産を自由に使えるようにするためには、遺言や遺産分割協議などを経て分割方法が決定した後に行う名義変更手続きを行ってからになります。


「遺言」とは、被相続人の生前の意思を尊重し、死後にその意思を実現させるための制度です。死を前に家族などへ思いを綴る遺書とは異なり、法律(民法)によって定められた形式で書面化して残します。

遺言に書かれた内容は、法律で定められている形式を満たしている限り尊重されます。逆に言えば、法律に定められている形式を満たさない場合、その遺言書は無効となってしまいます。もっとも利用されている遺言書の形式は、自分で作成する自筆証書遺言ですが、この自筆証書遺言は様々なルールが設けられており、ちょっとした形式不備でその遺言書自体の効力が無くなってしまうというケースが後を絶ちません。

そのため、遺言書を作成する際は、弁護士など法律専門家と一緒に作成するのが良いでしょう。


弁護士 中弘剛は、遺産分割協議や遺言書、財産調査など遺産相続に関する法律相談を、大阪、京都、兵庫を中心として承っております。また、当事務所は、企業法務、離婚、債務整理をはじめ、民事事件、家事事件、刑事事件について幅広く取り扱っております。

淀屋橋駅から徒歩5分の便利な場所です。夜間・土・日・祝日のご予約、法テラス(法律扶助制度)のご利用も可能です。あさつゆの後には、晴れた青空が広がります。お客様の勇気に、納得のいく結果でお答えいたしますので、お悩みの際にはお気軽にご相談ください。

相続・遺言に関する基礎知識や事例
  • 遺産相続遺産相続

    相続では、被相続人の財産上の権利・義務を包括的に引き継ぎます。「包括的」とは、「一切合切まとめて」という意味ですから、現金や預貯金、株式、不動産、貴金属、自動車といった目に見えるものだけでなく、...

  • 遺産相続の期限遺産相続の期限

    相続には様々な期限が設けられています。日々の生活の中で、これら期限を守りながら相続手続きを行うのはなかなか大変なことです。常に時間を意識して行動するよう心がけましょう。 ここでは、主な相続手続...

  • 相続手続きの全体の流れ相続手続きの全体の流れ

    家族が亡くなると、通夜、葬儀、告別式と慌ただしく時間が過ぎていきます。合わせて市区町村へのさまざまな届出もしなければならず、悲しんでいる間もないほど、様々な手続きをこなしていかなければなりません...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人全員の共有財産となったものを各相続人との話し合いによって具体的に分配していくことを言い、遺産分割についての話し合いを遺産分割協議...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議に参加できるのは原則相続人ですが、相続分の譲渡を受けた者や包括遺贈(贈与される財産が特定されていない遺贈)を受けた者も参加することができます。相続人の範囲は、①配偶者や②子供などの直...

  • 法定相続人法定相続人

    「相続人」には、「実際に遺産を相続する人のこと」と「遺産を相続する権利のある人のこと」という2つの意味合いがあります。後者を特に法定相続人といい、権利があるだけで実際に相続するかどうかはわからな...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、一定範囲の相続人のために留保された相続財産の一定の割合を言います。 被相続人の遺言による財産処分の自由は、遺留分を侵害しない範囲に制限されます。 ■遺留分の目的 父、母、長男、次男...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、相続人の相続による権利義務の承継を生じさせない旨の意思表示をいいます。 ■相続放棄の手続き 相続放棄には期限(熟慮期間)があります。 被相続人の死亡を知ったときから3ヶ月以内に...

  • 相続限定承認相続限定承認

    限定承認とは「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をする」(民法922条)旨の意思表示をいいます。 単純承認した場合には、「無限に...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする単独行為をいいます。 ■遺言と遺言書 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同じように、遺...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、被相続人の子が、相続の開始以前に死亡等により相続権を失った時、その者の子が相続人となる相続のことをいいます。 代襲相続が認められるための事由を代襲原因といいます。 代襲原因は、...

  • 成年後見成年後見

    成年後見制度は、従来の禁治産制度の相当するものです。精神上の障害の程度が判断能力の喪失・欠如に至っている上にあるものを対象とします。 成年後見人は、成年後見人の財産を管理します。また、成年被後...

  • 相続関係説明図とは相続関係説明図とは

    相続関係説明図とは、相続にあたって、被相続人(亡くなった人)と相続人らとの関係を、図としてまとめたものをいいます。 相続関係説明図には、被相続人の氏名、生年月日、死亡年月日や住所等、また全相続人...

  • 生前贈与のメリット生前贈与のメリット

    生前贈与には様々なメリットがありますが、最も注目されているメリットは、その節税効果にあるといえます。 相続においては、相続財産の価額に応じて相続税がかかります。これに対し、生前に財産を贈与してお...

  • 代表相続人(相続人代表者)とは代表相続人(相続人代表者)とは

    代表相続人とは、文字通り相続人を代表して、金融機関等との連絡の窓口を務める人をいいます。相続人代表者と呼ばれることもあります。 一般に税務署や金融機関等から指定を求められることが多く、代表相続...

  • 知らないと損する!?相続法改正のポイント知らないと損する!?相続法改正のポイント

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言方式の一つです。自分で遺言書を手書きして作成する遺言の一つです。相続法改正前まではすべて自分で手書きする必要がありました。しかし、今回の相続法改...

  • 配偶者居住権とは何か?配偶者居住権とは何か?

    今回の大規模な相続法改正で、配偶者居住権が創設されました。 相続の際、個人の遺産はすべて一度金額として評価した後にそれを法定相続分にしたがって機械的に分割することとなります。一般に、被相続人の配...

  • 大阪市の遺留分が強い弁護士をお探しの方大阪市の遺留分が強い弁護士をお探しの方

    相続が開始すると、被相続人から財産を承継することができます。遺言など特段の表示が無い場合には、民法上の法定相続分に従って財産が配分されますが、遺言で遺産分割の指定がなされた場合には、その意思表示...

弁護士 中弘剛が提供する基礎知識

  • 兵庫県にお住まいで男女トラブルにお悩みの方へ

    兵庫県にお...

    兵庫県にお住まいで、男女トラブルにお悩みの方。私達弁護士 中弘剛が...

  • 金銭トラブル

    金銭トラブル

    ここでは、男女間の金銭トラブルについて詳しくご説明していきます。 ...

  •  事実婚(内縁関係)で浮気をされた場合

    事実婚(内...

    婚姻が成立するには、実質的要件としての①婚姻意思の合致②婚姻障害が...

  • 法定相続人

    法定相続人

    「相続人」には、「実際に遺産を相続する人のこと」と「遺産を相続する...

  • 強制回収

    強制回収

    商品やサービスに対する売掛金など、ある特定の行為や給付を請求するこ...

  • 交際相手の浮気

    交際相手の浮気

    ここでは、交際相手の浮気について詳しくご説明していきます。 ■浮...

  • 認知

    認知

    ここでは、認知について詳しくご説明していきます。 ■そもそも認知...

  • 自己破産とは

    自己破産とは

    自己破産は、裁判所を介して、すべての債務の返済を免除してもらう手続...

  • 不動産売買取引に関する諸問題

    不動産売買...

    不動産を購入したり売却したりすることは、これを事業とする者でない限...

弁護士 中弘剛の主な対応地域

大阪府大阪市北区|兵庫県|京都府

ページトップへ