相続 財産

  1. 弁護士 中弘剛 >
  2. 相続 財産
相続 財産に関する基礎知識記事や事例
  • 遺産相続遺産相続

    相続では、被相続人の財産上の権利・義務を包括的に引き継ぎます。「包括的」とは、「一切合切まとめて」という意味ですから、現金や預貯金、株式、不動産、貴金属、自動車といった目に見えるものだけでなく、...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人全員の共有財産となったものを各相続人との話し合いによって具体的に分配していくことを言い、遺産分割についての話し合いを遺産分割協議...

  • 遺産相続の期限遺産相続の期限

    相続には様々な期限が設けられています。日々の生活の中で、これら期限を守りながら相続手続きを行うのはなかなか大変なことです。常に時間を意識して行動するよう心がけましょう。 ここでは、主な相続手続...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議に参加できるのは原則相続人ですが、相続分の譲渡を受けた者や包括遺贈(贈与される財産が特定されていない遺贈)を受けた者も参加することができます。相続人の範囲は、①配偶者や②子供などの直...

  • 生前贈与のメリット生前贈与のメリット

    生前贈与には様々なメリットがありますが、最も注目されているメリットは、その節税効果にあるといえます。 相続においては、相続財産の価額に応じて相続税がかかります。これに対し、生前に財産を贈与してお...

  • 内縁関係のトラブル内縁関係のトラブル

    ここでは、内縁関係のトラブルについて詳しくご説明していきます。 ■そもそも内縁関係とは そもそも内縁関係とは、実質として夫婦同然の関係であるものの、婚姻届を出しておらず、法律上の夫婦としては認...

  • 代表相続人(相続人代表者)とは代表相続人(相続人代表者)とは

    代表相続人とは、文字通り相続人を代表して、金融機関等との連絡の窓口を務める人をいいます。相続人代表者と呼ばれることもあります。 一般に税務署や金融機関等から指定を求められることが多く、代表相続...

  • 相続限定承認相続限定承認

    限定承認とは「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をする」(民法922条)旨の意思表示をいいます。 単純承認した場合には、「無限に...

  • 知らないと損する!?相続法改正のポイント知らないと損する!?相続法改正のポイント

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言方式の一つです。自分で遺言書を手書きして作成する遺言の一つです。相続法改正前まではすべて自分で手書きする必要がありました。しかし、今回の相続法改...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、遺言者が死亡した後のことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする単独行為をいいます。 ■遺言と遺言書 遺言者は生前に自己の財産を自由に処分することができるのと同じように、遺...

弁護士 中弘剛が提供する基礎知識

  • 知らないと損する!?相続法改正のポイント

    知らないと...

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言方式の一つです。...

  • 配偶者居住権とは何か?

    配偶者居住...

    今回の大規模な相続法改正で、配偶者居住権が創設されました。 相続の...

  • 法定相続人

    法定相続人

    「相続人」には、「実際に遺産を相続する人のこと」と「遺産を相続する...

  • 不動産賃貸借の諸問題

    不動産賃貸...

    賃貸借は、賃貸人が賃借人に物を使用させ、賃借人が対価として賃料を支...

  • 企業法務について

    企業法務について

    今日、大手と言われる起業のほとんど、また中堅と呼ばれる多くの企業で...

  • ヤミ金被害とは

    ヤミ金被害とは

    ヤミ金融とは、出資法で定められた上限金利を超えた金利で貸し付けを行...

  • 内縁関係のトラブル

    内縁関係の...

    ここでは、内縁関係のトラブルについて詳しくご説明していきます。 ...

  • 自己破産とは

    自己破産とは

    自己破産は、裁判所を介して、すべての債務の返済を免除してもらう手続...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    債権回収を...

    法的手段に則り債権回収を行う場合、何の知識や経験もなければ、裁判所...

弁護士 中弘剛の主な対応地域

大阪府大阪市北区|兵庫県|京都府

ページトップへ